2010年11月アーカイブ

わりと普通の戦略SLGですよ わりと普通の戦略SLGですよ

萌尽狼です。
今SIMPLE 2000シリーズの『THE 地球防衛軍タクティクス』をやってます。
苦手な索敵マップになったのでセーブして中断しているところですが(^_^;

本編に比べて評価の低いゲームですが、ムービーをオフにして遊べばわりと快適な戦略SLGとして楽しめます。
いくら本編で乗れる戦車だからと言っても、戦略SLGで単騎で敵に突っ込んでいく戦車というのは観ていて頭が痛いです。

さて、このゲームではユニットの生産ができないみたいなんですが、そのかわりに特徴的なのが「増援」というシステム。ユニットを移動させターンを終了するとユニットを増援するかどうかを聞かれるのです。
ユニットを出撃させられるのは自軍の増援拠点から1ターンに最大5ユニットまで。最初のターンでは手持ちのユニットから何を出撃させるか選ばないとゲームが始まりません。
中立や敵軍の増援拠点を陸戦兵で占領することで司令部から遠く離れたところでも増援をかけることができます。
最近のファミコンウォーズっぽい感じですが、私はなんとなくファミコンの『SDガンダム ガシャポン戦記2 カプセル戦記』を思い出してしまいました。
ユニットは任意に離脱させることができ、敵に破壊された部隊や離脱させたユニットを再び増援するときにはお金がかかるというルールになっているようです。
ユニットはレベルアップして次のマップに持ち越しになるので、全滅する前に補給したり離脱させたりしてうまく運用することがこのゲームの攻略のキモとなってきます。

わかりにくいのは、同じユニット名でも直接攻撃だったり間接攻撃だったり対地のみだったり対空攻撃もできるユニットだったりするのが、歩兵ユニットの陸戦兵と飛行タイプのペイルウイングにいくつかあることです。
飛行ユニットなので対空攻撃できると思って敵巨大生物に近づいたら爆撃機で攻撃できませんでしたなんてことが、序盤では頻発するので、ユニットの形はきちんと覚えていかなくてはなりません。

そういったいくつかの要点をおさえて遊べば、わりと普通の戦略SLGとして十分楽しめると思いますよ。
オーケストラ調のBGMはなかなかゾクゾク来るものがありますし、悪くないと思います。
ただ、敵が虫なので、虫が苦手な人にはおすすめできません。味方はユニット数に制約があるのに、敵は素からゾロゾロ虫がわいてくるので、なかなか気持ち悪いです。

私自身、本編の『THE 地球防衛軍』をやったことがなかったのが好評価につながっただけなのかもしれませんけどね。

なお、ゲームショップ1983には紹介したタクティクスの方は在庫がありませんが、名作『THE 地球防衛軍2』の新品在庫はありますよ。

mhp3.jpg
近所の駐車場の前にある看板なんですが、こんなところで宣伝して効果あるのかなぁ?

『モンスターハンターポータブル3』予約受付中です。