2011年1月アーカイブ

あけましておめでとうございます。
本年もゲームショップ1983ならびに当ブログをよろしくお願い致します。

さて、萌尽狼の実家にPanasonicのワープロ"スララ"のゲームが完動状態で保管されていました。
P1030003.jpg

ワープロはその名のとおり日本語で文書作成するのが目的なので、ワープロで動くゲームソフトはそもそも数が少ないのですが、『倉庫番』や『テトリス』『ナイトムーブ』など、パソコンでヒットしたゲームがワープロにもいくつか移植されていました。
しかし、レトロハードの中でもワープロは需要が少ないのか、エミュレータがほとんどありません。
ワープロはキーボードの配列から日本語変換、レスポンスなど専用機ならではの長所が支持された理由となっていましたので、コンソールの違うパソコンでのエミュレーションはそもそも難しいのかもしれません。
そのため、ソフトが現存すること自体大変貴重ですし、まして実機があり完動品であるとなると、個人では収集が難しいものとなっています。

P1030024.jpg

ちなみにPanasonicのワープロはATARI規格のジョイスティックポートが付いているので、同社MSXのマウスがそのまま流用できるという特徴がありました。なので、私もスララのマウスだけ今でも持っています。
また、後期のモデルにはDOS文書変換機能が付き、テキストや一太郎の文書に変換することができたので、日本語入力はこたつに入りながらワープロで、印刷はデスクトップパソコンでやっていたことがありました。他社のワープロはパソコンで変換するソフトも出ていたようですが、ホームユースの多いスララはその辺は恵まれていなかったようです。

P1030028.jpg

ゲームの紹介は続きを読むをクリックしてください。