PCエンジンスーパーグラフィックスの思い出 PCエンジンスーパーグラフィックスの思い出

ごぶさたしております。萌尽狼です。
北海道滝川市の実家に引っ越して3ヶ月、もうトーキョーサイドでもなんでもないのですが、OBということで引き続きブログを更新させていただいております。
さて、今回はPCエンジンスーパーグラフィックスについて語りたいと思います。しばし私の昔話にお付き合いください。

PCエンジンスーパーグラフィックス

PCエンジンスーパーグラフィックス(以下、SG)はメガドライブに対抗するために発売されたPCエンジンの上位互換機種です。PCエンジンのグラフィックチップを2個搭載して表現力を向上させたモデルで、アナログコントローラー「パワーコンソール」を縦に重ねる計画になっていました。

チップを2個搭載とか、縦に重ねるとか、ものすごくセガっぽい思想で作られたハードだったんですが、残念ながらセガのゲームはSGには移植されませんでした(アフターバーナーとかスペースハリアーとか獣王記とか移植されてますが普通のPCエンジンでも遊べます)。

PCエンジンはソフトが開発しやすかったことで知られていますが、グラフィックチップを2個にしたことが仇となって、いろいろな制約がかかってしまいSG専用ソフトの開発は難しかったようです。同様にグラフィックチップを2個搭載しているPC-FXも開発が難しい機種になってしまったようで...詰めが甘いところもセガっぽいなぁ...

さらにアナログコントローラー「パワーコンソール」も59,800円という本体よりも高い価格設定だったため、発表当初からため息が漏れていたわけですが、発売中止になってしまいました。どうやら製品化にあたり操縦桿の強度に問題があったようです。PCエンジンのコア計画の末期はこうした無計画な拡張によって混沌のまま終焉を迎えるのですが、まあそれでもパックスパワーグローブみたいに発売してれば伝説になったのになぁ...

そんなSGですから、専用ソフトはたったの5本しか発売されませんでした。まあ、上位互換機種ということで従来のPCエンジンHuカードも遊べたことが救いでしょうか?しかし、そのハードの特殊さゆえに一部動作不良を起こすソフトがあります。その一本がスペースハリアーなのです。セガー!...まあ、背面のスイッチを切り替えて普通のPCエンジンとして起動すれば問題ないですが...

さて、私とSGの思い出ですが、自分のおこずかいで初めて買ったハードがSGでした。中学入学の春、滝の川にあったハローマックで75%オフの9,800円になっていたSGを見つけ、当時読み始めたファミコン通信でSGがあればすべてのPCエンジンソフトで遊べるということを知っていたので、しかもコアグラIIよりも安かったのでSGを買いました。

当時、高林デパートの地下にあったおもちゃのにったでPCエンジンHuカードがワゴンセールで安くなっていて、ずっと前から欲しかった『究極タイガー』が遊べるということでPCエンジンを買うことにしたのです。コナミが『グラディウス』を発売したのも購入動機のひとつでした。SGのソフトは売ってなかったので、最初は遊べるものだとは思ってなかったですね。

その後、高林デパートの3階に夢工場というドキドキパニックな名前のファミコンショップがオープンしました。開店セールでイルカのぬいぐるみを配っていたという店です。折しもスーパーファミコンのカセットが1万円を超えるような価格になっていた時期で、たいへん儲かったようですね。3階は屋上駐車場の出入口なので、家族連れが立ち寄ってゲームソフトを買い求める光景がよく見られました。

その夢工場でSGのソフトが新古品同様の状態で1本200円とかで売られていたので、そこでようやく『バトルエース』『オルディネス』『大魔界村』といったSG専用ソフトで遊べるようになります。ちなみに『魔動王グランゾート』は友だちが買ってうちで遊んでいたのでそれを見て自分は買わなかったです。グランゾート知らないし。

『大魔界村』は数少ないSG専用ソフトということでしゃーないやっとくかといった感じでとりあえず遊んでみただけなので。説明書の最後に1周目のエンディングの写真と2周目真エンディングって書いてあるのが衝撃でしたね。やる気が失せました。

というわけでおもに遊んでいたのは『バトルエース』と『オルディネス』だったわけですが、3Dシューティングが苦手だった私にとって『バトルエース』は心臓に悪いゲームでした。1面の音楽が暗いのもインパクトが強かったです。裏技でサウンドテストが付いていて、音楽が良かったので知らない面の曲を聴いて楽しんでました。

『オルディネス』は横スクロールシューティングが好きな私としては、オプションの動きに関しては究極のシューティングだと思っています。『サンダークロス』のようにフォーメーションを組むこともできますが、フォーメーションを解除すると自動追尾モードになって前後に振り向きながら自動的に攻撃してくれます。画面が上下にスクロールする面では壁にハマって動けなくなってしまうこともありますが、最大4機のオプションが付くので、4機がバラバラに敵を攻撃するのはなかなか見ごたえがあります。RPGでパーティーを組んでいるのに感覚的には近いです。なのでミスすると本当に痛いんだわぁ...

ゲーム機の高性能化に従って巨大なボスが画面を所狭しと動き回るのは珍しいことではなくなってしまったのですが、PCエンジンであれだけの大型ボスが変形したりするのは、やっぱり見ていてカッコイイと思います。1面は前半戦に地味な操作を要求される場面が多く、パターンをつかむまでは爽快感がイマイチなのですが、ボスのインパクトでゲームの印象を鮮烈にしています。

音楽も3面まではハードロック系でいい感じなのですが、敵基地の中枢に向かうに従ってノリがイマイチになるというか、いつものハドソン節になってしまうのでせっかくのオルディネスの雰囲気が壊れてしまうというか、その辺が残念でした。ゲームの展開も後半に向かうに従って息切れしてくる感じなんですね。SG末期のタイトルということで、十分な力が出し切れなかったのでしょうか...

SG専用ソフトの中で『1941』だけは出荷本数が少なかったために、今でもプレミアソフトとして中古市場で1万円前後の値段で流通しています。『1941』は海外版のカプコンクラシックスでないと遊べないということで、リアルタイムに移植されたのはSGだけなので貴重です。音楽の移植度はちょっと残念だけど...頑張ってる方だと思います。

SGにはPCエンジンとSGの両方で遊べるHuカードというのが存在しました。対応しているのは『ダライアスプラス』1本だけなのですが、SGで遊ぶと画面のチラツキが抑えられるようです。私には違いはわからなかったですが...というかダライアスはまだ全クリしてないので後半の激しさを知らないのですが...PCエンジンにはアーケード版と同じ音楽で、しかも未登場ボスがすべて登場する『スーパーダライアス』というのがCR-ROM2で発売されており、音楽的にもボスの数的にも不利な『ダライアスプラス』は陰が薄いのですが、GTがあれば『サーガイア』よりも完璧なダライアスが外で遊べるということもあってそれなりに出回っているようです。(当時はCD-ROM2システムが高価だったこともあり、CD-ROM2用ソフトをHuカードにダウングレードしたものがほぼ同時期に発売されるケースがいくつか見られました)

ちなみにハローマックで買ったSGはその後AVケーブルとACアダプタの故障で二度メーカー修理行きになっています。そして、上京後まもなくACアダプタの端子の付け根がポッキリ折れてしまい廃棄処分となってしまいました。すぐにコアグラIIを専門学校のクラスメートから安く譲ってもらってPCエンジンで遊び続けることはできましたが、しばらくSGのソフトは遊べなくなってしまいました。

2009年になって、秋葉原のフレンズで本体だけ安く売っていたので2台目を購入し、やっと遊べるようになりました。しかし、温存していたACアダプタ(PCエンジンのACアダプタとは互換性がありません)が故障していて、フレンズで互換アダプタを後から購入するハメになってしまいましたが...なので1台目から使い続けているのはターボパッドだけになってしまいましたね。

さてさて、ここまで長々とSGについて語ってきたのにはある理由があります。夏コミでSGオンリーアレンジのCDを出すからなのです。

昨夏Vol.24で最終号になったゲームサイドに掲載されたIKaさんの漫画『P.S.すりーさんGS その6』にSG擬人化の「SGさん」が登場し、SGユーザーの私は歓喜しました。持ち歌が少ないことを32X先輩にバカにされて泣いてしまうというキャラがツボにハマりました。私はスーパー32Xのユーザーでもあるので...

それを機に6本だったらイケる!という単純な動機からSGオンリーアレンジのCDを作ることにしたのですが、昨冬は冬コミに落選してしまいまして、制作が延期なっていたのです。今年は引っ越したので、夏コミには受からないでほしいなぁ...と思っていたら受かってしまったので、人生うまくは行かないものです。

というわけで、コミックマーケット80は2日目(2011年8月13日(土))東イ-17a「ASIA LUNAR」にてPCエンジンスーパーグラフィックスオンリーアレンジCD『泣かないで、SGさん。』を頒布します。当日は私は行けませんのでいつもお世話になっている老舗サークルのWOODSOFTさんに売り子を手伝ってもらうことになっています。

泣かないで、SGさん。

ゲームショップ1983には現在『バトルエース』と『ダライアスプラス』の在庫があります。SG本体を持ってないと遊べませんが、興味のある人はぜひチェックしてみてください。

また、Wiiのバーチャルコンソールで『大魔界村』と『ダライアスプラス』が、PS3・PSPのゲームアーカイブスで『大魔界村』と『オルディネス』と『バトルエース』がダウンロードできますので、SG本体を持っていない人はこちらもチェックしてみてください。

バトルエース
中古『バトルエース』箱なし説あり

ダライアスプラス
中古『ダライアスプラス』箱説なし



[Written by 萌尽狼 ]