レトロゲームの最近のブログ記事

萌尽狼です。

PCエンジン版ボンバーマンが発売された頃に、学校の休み時間に友だちと対戦できて、学校に持って行っても先生に怒られない、アナログゲームのボンバーマンがあったことをご存知でしょうか?

消すペン1.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もゲームショップ1983ならびに当ブログをよろしくお願い致します。

さて、萌尽狼の実家にPanasonicのワープロ"スララ"のゲームが完動状態で保管されていました。
P1030003.jpg

ワープロはその名のとおり日本語で文書作成するのが目的なので、ワープロで動くゲームソフトはそもそも数が少ないのですが、『倉庫番』や『テトリス』『ナイトムーブ』など、パソコンでヒットしたゲームがワープロにもいくつか移植されていました。
しかし、レトロハードの中でもワープロは需要が少ないのか、エミュレータがほとんどありません。
ワープロはキーボードの配列から日本語変換、レスポンスなど専用機ならではの長所が支持された理由となっていましたので、コンソールの違うパソコンでのエミュレーションはそもそも難しいのかもしれません。
そのため、ソフトが現存すること自体大変貴重ですし、まして実機があり完動品であるとなると、個人では収集が難しいものとなっています。

P1030024.jpg

ちなみにPanasonicのワープロはATARI規格のジョイスティックポートが付いているので、同社MSXのマウスがそのまま流用できるという特徴がありました。なので、私もスララのマウスだけ今でも持っています。
また、後期のモデルにはDOS文書変換機能が付き、テキストや一太郎の文書に変換することができたので、日本語入力はこたつに入りながらワープロで、印刷はデスクトップパソコンでやっていたことがありました。他社のワープロはパソコンで変換するソフトも出ていたようですが、ホームユースの多いスララはその辺は恵まれていなかったようです。

P1030028.jpg

ゲームの紹介は続きを読むをクリックしてください。

リーネは俺の嫁な萌尽狼です。

今週は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」のキャッチコピーでおなじみの『ストライクウィッチーズ』から、横スクロールシューティングゲーム『ストライクウィッチーズ 白銀の翼』がXbox360で発売されましたが、上着は長袖なのに下着はパンツだけしか穿いてない美少女というのは過去にもいろいろあったと思います。

Xbox360『ストライクウィッチーズ 白銀の翼』

それだけ「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」というキャッチコピーが斬新かつ衝撃的だったということなのでしょうが、今回はレトロゲームの中から「パンツじゃないから恥ずかしくないアイドルマスター」を紹介してみたいと思います。

3DO『誕生 Debut ~PURE~』01

大根の葉を育ててます 大根の葉を育ててます

萌尽狼です。
台所で大根の葉をおちょこで水栽培しています。
DSC02117.JPG
最初はたくさんあった茎も、新しい葉が育たない外側から順にパージされ、真ん中に残った葉は太陽を求めて少しずつ伸びています。
本当は食べるために育てているんだけど、鉢や栄養剤を与えてちゃんと育てた方がいいのかな?と思ってしまいます。でも、過去の経験からしてまともに植物を育て続けたことがないので、どこまでもつのか疑問ですが...
こうして生ゴミにされかけた植物の切り株から育つ新芽のたくましさを見ていると、我々も学ぶべきことがまだまだたくさんあるように思えます。

ボンバーコーラ ボンバーコーラ

こんにちは、萌尽狼です。

トーキョーサイドでは最近南極料理人の影響でコーラだけで味付けする肉じゃがを作るのが流行っています。ちょっと甘めですが、しょうゆを使ってないのにおいしくできるのでオススメです!

さて、そんなコーラをこよなく愛するトーキョーサイドが買い出し中にこんなものを見つけました。なにこれ爆弾?

DSC02113.JPG

こんにちは、萌尽狼です。
今日の東京はくやしいほどに青空が広がっています。
昨日は秋葉原MOGRAでシューティングゲームオンリーのゲーソンイベント『シューター歴25年以上対象ライブ』を開催いたしました。
DSC02090.jpg
今にも雨が降り出しそうな肌寒いくもり空にもかかわらず、開場前には大勢の観客の皆様にお集まりいただけまして、開演前から物販の方はものすごい勢いでCDが売れ、のっけからハイテンションでライブはスタートしました。
今回の主役である『グラディウス』や『ゼビウス』など誰もが知ってる懐かしのゲームから、コモドール64版『R-TYPE』といったゲームミュージックファンでも知る人ぞ知る隠れた名曲まで、萌尽狼、Sommench、マサシロウ、tom2、Masao、SOU1の6名のDJが好き放題にシューティングゲームの曲を3時間半にわたってかけまくりました。
気がつけば、会場内には50名を超える観客、そしてUstreamには300名を超える観客が集まっていました!
さらに元東亜プランの上村建也さんにもご観覧いただいたというサプライズも!!
まだまだやり残したことはたくさんありますが、全員が楽しめたとてもよいイベントとなりました。
詳しいレポートは私の個人ブログをご覧いただくとして、ここでは協賛のゲームショップ1983のスタッフとしての視点でイベント中の出来事を振り返ってみようと思います。
DSC02107.jpg